サイクルジャージ・サイクルウェアの選び方

自転車ウエア選び

サイクルウエア

スポンサードリンク


「サイクルウェア(ジャージ)」とは、その名の通り、自転車に乗る時に、着用する事を考えて設計されて作られている自転車専用ウエアの事です。

「サイクルウウェア」「サイクルジャージ」は、本格的なレーシーな物から、タウンユースで使用する事を前提に考えられた、カジュアルでお洒落な物まであります。

シティーサイクル等と違い、ロードバイクに乗る時は特に、専用のサイクルウェアを着用して走る事をオススメすると同時に、ロードバイクに乗るようになれば、その必要性を必ず感じる事になるでしょう。

なぜサイクルウエアが必要か?

パンツ部分を例にしてみた場合、ママチャリやシティサイクル等でそれ程長距離を乗らないならサイクルウェアの必要も無いと言えますが、ロードバイクの場合はママチャリとは比較にならない程の距離を走りますし、サドル(椅子)部もクッション性は無いので、走る距離によってはお尻部分の痛みを発生します。

ロードバイクで走るようになると誰もが最初にぶち当たる大きな壁の一つが「お尻の痛み」です。

ロードバイクのサドルは軽量化と強度を両立させた硬めの物が多いので、お尻部分にパッドが付いたサイクルジャージ(通称レーパン)やインナーパンツ等を履く事で、お尻に加わる衝撃を和らげて痛みの発生を和らげる事が出来ます。

ロードバイクウェア

そしてトップスですが、ロードバイクは前傾姿勢で乗車するので、乗車時の姿勢や動作に合わせてデザインされていて、背中のほうが長く前傾姿勢時でも体にフィットして、風によるバタつきを抑え、空気抵抗を減らし、高素材の生地を使用し長時間のサイクリングでも快適さを保てるように作られています。

この事もサイクルウェアの特徴と利点になります。

用途に応じてサイクルウェア選び
ロードバイクに乗る時にどんなウエアを着たらいいのか?悩む人も多いのではないでしょうか。”ロードバイク=レーサータイプ”のピチピチモッコリスタイルを連想して、少なからず抵抗感を抱く人も居るかもしれません。

サイクル(ロードバイク)ウェアを選ぶ際に先ず考える事は、自分がどのような用途中心でロードバイクに乗るのか?と言う事がサイクルウエア選びに大きく関係してきます。

通勤通学、タウンユース中心、各種ロードバイクイベントへ参加する事が目的(目標)等、目的によって選び方が変わってくる部分もあるので、その点を考慮してサイクルウェア選びを行います。

初めは気軽な気持ちで乗り始めたロードバイクでも、時間と共にその魅力にどっぷりとハマり、通勤通学程度でしか乗らなかった人が、各種イベントに参加するようになる例は少なくないので、その時はまた必要に応じたサイクルウェアを購入する事になりますね。

サイクルウェアに関して、「これじゃ無きゃダメ」と言う決まりがある訳では無いので、好きな服装で楽しんでも構わない訳ですが、最低限、スポーツ用の速乾性素材の物を着用して乗る事をお勧めします。

普段着で一度乗ってみれば、汗による不快感や風の抵抗の凄さを体感できるので、試してみるのも一つの良い経験になると思いますよ。

普段は気軽な服装で楽しみ、イベント参加や仲間達とのライド時だけレーシーなジャージで楽しむのも一つの方法だと思います。

余談になりますが、ツールドフランス等に出場しているチームやレーサーに憧れて、レプリカジャージを手に入れ着用して走りと見た目を楽しんでいる人もとても多いので、そんな選び方も一つの選択肢ですね。

仲間と揃いのチームウエアを作って楽しむ!

レプリカジャージの延長線上にある話とも言えるんですが、ロードバイクに乗るようになると、時間と共にロードバイク仲間も増えて行きます。

地元の仲間やショップ繋がり、LINE、ツイッター、フェイスブック等のSNSを介してなど、ロードバイクでのキャリアが増えて行動範囲が広がる事と同調するかのように自然と仲間も増えて行きます。

余程の変わり者じゃ無い限り、共通の趣味を持つ仲間が出来る(増える)事を嫌う人は居ないと思うので、ロードバイクに乗って無かったら決して出会う事の無かった気の合う仲間達と一緒に、チーム(サークル等)を作って、オリジナルデザインのジャージを作成して、揃いのジャージで走ると言う楽しみ方もあります。

私もフェイスブックを介して知り合った仲間達とチームを作り、みんなで意見を出し合いながらオリジナルジャージを作成し、イベントに参加したりツーリングを楽しんでいますが、揃いのジャージで走ると気持ち良さ倍増って感じで、一人で走る時とは違った魅力と楽しさを味わう事が出来ます。

ウエア以上に大切なヘルメット

自転車事故

ここで一つだけ著者からのお願いと注意して欲しい事として、絶対にヘルメットは着用して欲しいという事です。

格好悪いとか髪が乱れるなどの理由で、ヘルメットを被らずにロードバイクで走る人も少なく無いですが、ヘルメットを装着しているかしていないで助かる命も助からなくなってしまいます。

著者も一度峠道の勾配のキツイ場所で、登り切れずに立ちごけ(落車)した事があるんですが、その時、道路沿いの石垣に後頭部を強打しました。

立ちごけと言うシチュエーションでもヘルメットが割れるほどの凄まじい衝撃だったんですが、ヘルメットを装着していたお陰で背中辺りの軽い打撲程度で済みました。

この時、もしヘルメットを装着していなかったら、間違いなく命に係わる程の大けがになっていた事でしょう。

これが通常の走行中だったとしたら、その衝撃も数倍になる事は確実な訳で、ヘルメット未装着だった場合、間違いなく致命傷になってしまいます。

自分の為と言う事は勿論ですが、家族や恋人等、大切な人の為にもヘルメットを着用しましょう。

ウエアの話とは少し別の事ですが、ヘルメットもウエアの一部と考えて、常に着用する事を切に願います。

関連記事

スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ページの先頭へ戻る