ロードバイクの選び方

考える

ロードバイクの選び方と注意点

スポンサードリンク


「ロードバイクを購入するぞ・・・」と思った時に、最初に突き当たる壁が「どんな物を選べばよいの?」と言うロードバイク選びの部分ですよね。

メーカー、素材、価格等、沢山のバリエーションがあるので嬉しい反面、その多さが悩みのタネにもなります。

ここでは、初めてのロードバイク選びに大切なポイントについて説明していきますので、それらを頭に入れた上でより自分に合ったロードバイクを手に入れる為の参考材料にして下さい。

初めてのロードバイク選び

ロードバイク選びを始めるにあたり、初めに考えなければならない事があります。それは、自分がどの様な用途でロードバイクを乗りたいのか?と言う部分です。

「特に決めて無い」「とりあえず走れれば・・・」「出来る事は全てやりたい・・・」など、人によって乗りたい理由は様々ですし、そんな事まではまだ考えて無い人も居るかもしれません。

ですが、ある程度は決めた上でロードバイク選びをするようにしないと、後で後悔する可能性もあるので要注意です。

以前の記事、「ロードバイクのタイヤ選び/走行シーン(用途別)」でも少し触れていますが、タイヤ選び同様に車体選びは使用条件によって選び方が変わる部分もあるので、その点は頭に入れた上で車体選びをする必要があります。

簡単に言えば、ロングライドを楽しみたくてロードバイクを始めようと思ったのに、ロングライドに不向きなフレームを購入してしまったのでは的外れな選び方になりますよね。

車にスポーティーな車体やファミリー向け車体などの種類があるのと同じように、ロードバイク(フレーム)にも、使う用途によって向いてる物、不向きな物があると言う事は覚えておきましょう。

中〇製や無名の安価な物は避ける

中〇の方がこの記事を目にしたら気分を害されるかもしれませんが、模造品等、粗悪な商品の出所の多くが中〇である以上、その点に触れない訳には行かなので批判覚悟で書かせて頂きます。

「ロードバイク」と一言で言っても、性能度返しで見た目だけがロードバイクの形をしているだけの商品が沢山流通してます。

価格的に言えば、29800円程度から「見た目だけ」ロードバイクの形をした物が存在する訳ですが、安いからと言ってそう言う物に安易に手を出して乗る事はオススメできません。

オススメできない理由

正直、ママチャリ程度の使い方なら、出所不明な激安ロードバイクでも移動手段として使う事は不可能ではありませんが、ロードバイクではママチャリとは比較にならないスピードで走りますし、走る距離も長くなります。

そこで問題になるのが、「安全性」の部分です。

フレーム強度、耐久性、ブレーキ性能などの部分が、ハイスピードで走るロードバイクに必要な品質を満たしていない物が多いです。

中〇製に限った事ではありませんが、ロードバイクは命を預ける物と言っても過言では無いので、金額だけ、見た目だけ等の理由でロードバイク選びをする事は止めましょう。

ちょっと荒っぽいやり方なんですが、中〇製ヘルメットと日本製のヘルメットの、強度の違いがよく分る動画があったので見て下さい。

想像以上の違いに空いた口が塞がらないと言うのが私の印象でしたけど、あなたはいかがですか?

対象が違いますけど、ロードバイクのフレーム強度も非常に重要な訳で、中華製のフレーム全てが悪いとは言い切れませんが、品質に問題がある商品がある事も事実です。

通販or実店舗

ロードバイクを購入するにあたり、通販、実店舗、友人から譲り受けると言う3つの選択肢がありますが、結論から言うと、初めてロードバイクを購入する人は、出来る限り通販は避けた方が良いです。

その理由ですが、ロードバイクを購入した後、乗り出す前に調整が必要な部分も多いですし、乗り続けるためには最低限のメンテナンスも必要です。乗り続ける中でトラブル等にも見舞われます。

初めてロードバイクを購入した人が、そういった一連の事に対して的確に対応して自分で作業を正確に行う事はほぼ不可能ですし、中途半端に手を出す事は危険です。

ジャイアントストア

ですから、なるべく家の近くでショップを探して、そのショップで購入する事をオススメします。

ショップ選びもこれまた大変な部分なんですが、遠慮せずに手当たり次第に訪問して見たり聞いたりする事を繰り返し、「このショップなら・・・」と言う感じで、自分の気に入るショップを見つけましょう。


都会に住んでる人はそういった選択肢があるんですが、地方に住んでいると選択肢も少ないですし、下手したらショップ自体無い場合もあるんですが、頑張ってショップを探して先ずは足を運んでみて欲しいです。

始めは敷居が高く感じるかもしれませんが、実際に商品を見る事やショップの店員さんに色々聞く事で、知識も広がる事に繋がるので大事な作業の一つです。

ロードバイクに詳しい仲の良い友達や知人が居たら、ショップの事やロードバイクの事を積極的に相談してみましょう。

メンテナンスまで確実に行える友達が居るなら、通販で車体を購入する事も一つの選択肢として考えて良いと思うので、自分の置かれた環境で判断してください。

完成車、それともフレーム買い?

ロードバイクを購入するにあたり、完成車を買う方法とフレームを購入してその他のパーツは好きな物を選んで取り付けて形にする二つの方法があります。

「どっちが良いの?」誰もが思う事です。

ピナレロ

これは予算にも関係してくるんですが、余程知識の豊富な人以外(頭でっかちは除く)始めは完成車でスタートする方が良いと考えます。

その理由はいくつかあるんですが、先ず組み立て済みで安価でも高性能な物が購入しやすい事や、流通量が豊富なので選択肢が多いなどが挙げられます。


後々パーツ交換などをしてグレードアップする事も可能です。

一方、フレーム買いの方ですが、バラバラで部品を購入する事やそれを取り付ける工賃等もあり完成車に対してどうしても高価になってしまいます。

ですが、自分の好きなフレームに好みのパーツ(ホイール、コンポーネントなど)を取り付ける事が出来ると言う利点もあるので、知識と予算に応じて判断する部分になるかもしれません。

フレームの素材

ロードバイクを購入するにあたり「フレームの素材」も気になる所ですね。先ずはフレームに使われている代表的な素材にどのような物があるのかを知りましょう。

「クロモリフレーム」
クロームモリブデンとう言うスチール合金で、強度が強い割にしなやかで振動吸収性に優れているので細身のフレーム作りには欠かせない素材で、根強いファンが多いです。

「アルミフレーム」

アルミニウム合金で整形されたフレームで、軽量で低コストで済むのでエントリーグレードの安価なフレームの中で主流になっている素材です。

欠点を挙げるとしたら、振動吸収性が悪いのでクロモリやカーボンと比べると、長距離では疲れが溜まり易いと言われています。

「カーボンフレーム」

「カーボン(Carbon fiber)」で作られたフレームで、軽量で振動吸収性に優れている事から、近年ロードバイクのフレームの主流になっています。

欠点としては、高価になってしまう事とアルミやクロモリに比べ衝撃に弱く(落車時など)、破損した場合の修復も難しいと言う点です。

他にもチタンやステンレスと言った素材の物もあるんですが、上記三つの素材が代表的な物なので、殆どの人が初めはこの三つの中から選択すると言う形になるでしょう。

フレームの素材選びもロードバイクの使用目的によって左右される部分があるんですが、完成車で選択肢の多いのはアルミ素材のフレームです。

多少金額的に高価になって扱いがシビアで良ければ、初めからカーボンフレームでも良いです。ちなみに私はカーボンスタートでした。

クロモリに関しては、どちらかと言うとマニアックな人に人気があるので、あなたの拘りと用途次第と言う感じでしょうか。

予算を決めて選ぶ

ロードバイクを購入するにあたり、先に予算を決めてからバイク選びをすると言う形を取る事も一つの方法です。

沢山のロードバイクメーカーがありますが、車体の金額が同等であれば細かな特性は別として、全体的な性能レベルは似たり寄ったりなので、ブランドや見た目などで選ぶ事で決め易くなる事もあります。

ロードバイクブランド


「ロードバイクの代表的なブランド」としては、「CANNONDALE キャノンデール」、「TREK トレック」、「LOOK ルック」、「cervelo サーヴェロ」、

「CARRERA カレラ」、「Dedacciai デダチャイ」、「WILLER ウィリエール」、「NEILPRYDE ニールプライド」、「OPERA オペラ」、

「BMC ビーエムシー」、「RIDLEY リドレー」、「DEROSA デローサ」、「KUOTA クオータ」、「GIOS ジオス」、「BIANCHI ビアンキ」、「ORBEA  オルベア」、「PINARELLO ピナレロ」、

「ANCHOR アンカー」、「COLNAGO コルナゴ」、「SPECIALIZED スペシャライズド」、「GIANT ジャイアント」、「INTERMAX インターマックス」、「BOMA ボーマ」

ざっと挙げただけでもこれだけのブランドがあります。

ブランド名を見ただけでも迷いの原因に成りそうですけど、私の場合は予算見た目で選択を開始して購入車種を決めました。

タイミング良く型落ちのセール品のフレームがあったので、完成車並みの低価格でフレームから組む事が出来てラッキーだったんですが。

ショップのオススメで決める

自分でどうしても決めかねてしまうようなら、ショップに相談してみるのも一つの方法です。

「予算は○○円ぐらいで」と、初めに予算を伝える事でショップ側で扱っている商品の中から予算内に収まる物を提案してくれます。

また、「型落ちでも良いので安くてお買い得な物がありますか?」と聞いてみるのも良いです。私はその方法でお買い得なフレームを紹介してもらえました。

「最新モデルじゃ無ければダメ」と言う人以外は、一年落ち等の一つ古いモデルを購入する事で、同じ予算で最新モデルよりもグレードの高いモデルに乗る事も可能になります。

ショップによってロードバイクブランドで扱える物に違いがあるので、自分が購入しようと決めたショップに、自分が欲しいブランドが無い可能性もあるので、その点は注意しましょう。

初心者だからと上から目線のショップは要注意

ショップにお任せする場合、ショップ選びには注意しましょう。親身に相談に乗ってくれ無かったり、在庫の中からどうにか売りつけようとするような素振りを感じたら、別のショップを探した方が良いかもしれません。

大型店などの場合は、担当する店員によってもその対応や知識、技術力に差があるので、始めに運良く良い店員さんに当たれば良いですが、そうでなかった場合は不快な思いをする事もあります。

知識が乏しい中でそう言った判断をするのは難しいですが、個人的にオススメのショップ選びの方法として、店主や店員の「人柄」で判断すれば失敗は少ないと思います。

ロードバイクは購入後のアフターケアも大事なので、不親切なショップでは長い付き合いは出来ないですからね。

ロードバイク購入の予算の目あす

「予算を決めて・・・」と言われても、相場も分らなければ何とも答えようがないですし、エントリーグレードのオススメロードバイクの金額を知りたいところですよね。

近年のロードバイクブームや愛好者の増加の影響もあって、手ごろな価格でハイスペックなロードバイクが各社から沢山販売されています。

エントリーグレードのロードバイクの金額の目あすとしては、完成車の状態で10万円~20万円の間で考えると良いと思います。

予算組の際、ヘルメット、ペダル、ライト、グローブ、アイウエア、ポンプ、サドルバッグなど、必要最低限の備品等を揃えるために、最低でもバイク代ブラス3万円程度必要と言う事を考えた上で予算組をしましょう。

また、ロードバイク購入の際は、フレームサイズに注意してくださいね。自分の身体に合った大きさのフレームサイズを選ぶ事は、ロードバイク購入の際とても重要な部分です。

まとめ

初めてロードバイクを購入する際は迷う事も多い訳ですが、決め易い方法としては、やはり予算を決めた上でロードバイク選びを始める事が、最短で決め易い方法だと思います。

上を見ても下を見ても限が無いですし、高額バイクの方が速く走れる訳でも無いので、初めはあまり無理しない範囲でロードバイクを選び、たくさん走って楽しむと所からスタートしましょう!

無理して高額なロードバイクを買っても、お金を稼ぐのが忙しくて乗れないんじゃ宝の持ち腐れになりますからね。



部屋で自分のロードバイクを眺めながら一杯やるのも楽しみの一つですけど、「走ってナンボ・・・」です。

関連記事

スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ページの先頭へ戻る