ロ-ドバイク、ロードレーサー

1

ロードバイク、ロードレーサーとは?

スポンサードリンク


ロードバイク(ロードレーサー)は、自転車と名の付く物の中で最速の「スポーツバイク」と言われている物です。

舗装路を主とした道路での高速走行を目的に設計された自転車で、「ロードレーサー」と呼ばれる場合もあります。

元々競技用として進化してきた物なので、サイクルロードレースなどで使用されるのは勿論ですが、近年はロングライドやツーリング、各種イベント、通学や通勤等を楽しむためにロードバイクに乗る人も実に多く、年々その人気と愛好者は増える傾向にあり、特に中高年を中心にして幅広い年代の人達から人気を集めています。

ロードバイクの大まかな歴史については→こちらの記事をご覧ください。

パッと見、ロードバイクと似たような自転車に、「クロスバイク」「マウンテンバイク」等がありますが、移動手段の一つと言う部分では共通していますが「走る」と言う部分に特化してるのがロードバイクです。

その性能や機能性をマイルドにしたのが「クロスバイク」、山道や悪路など、未舗装路を走る事に特化しているのが「マウンテンバイク」になります。

ドロップハンドル

ロードバイク最大の魅力といえば、なんと言ってもそのスピードと洗練されたデザインでしょう。

全身で風を感じながら走る軽快さと爽快感、自分の力(体力)だけを頼りに目的地に向って走り、完走した時の達成感は言葉ではうまく言い表せない程感動的なものです。


シャープにデザインされた見た目も、ロードバイクの大きな魅力の一つで、オートバイや車同様に、ホールを変更したりして自分好みの美と性能を追求すると言う楽しみ方もあります。

徹底的に速さを追求したロードバイクは、走る事に特化したデザインになっているので、一般道で走るためにはロードバイク購入時に、別途保安部品を追加購入して装着する必要があります。例えば、フロントライト、テールランプ、ベル等ですね。

要注意!

余談になりますが、時々フロントライトやテールライトを装備せずに夜間ロードバイクで走る人を見かけますが、これは自殺行為と言っていい程危険な事なので、ロードバイク購入時に無理してでも十分な照度の製品を取り付ける事を強くオススメします。

「とりあえず付いてればよい・・・」と言って、照度の低い安価な製品では無く、夜間でも十分に前方の視界を確保できる明るさの物をチョイスしましょう。

実は私もロードバイク購入時、無知だった事もあるんですが、ケチって安価で照度が低いフロント&リアライトをを取り付けて、夜間まったく役に立たなかったので、直ぐに買い替える事になり、「二度買い」になってしまい無駄な出費をした経験があります。最低でも初めから200ルーメン以上の照度のあるライトを取付けましょう。

車からも歩行者からも、夜間無灯の自転車は目の前に現れるまでまったく見えないので、多くの危険を招き入れる事に繋がります。

また、道路交通法も改正されて、自転車の保安部品未装着に対しての取り締まりも強化されているので、そういった意味においても、しっかりと装備する必要あります。自転車は軽車両と言う立派な乗り物だと言う事をお忘れなく!



ロードバイクの特徴

ロードバイクの最大の特徴の一つが、「軽量」である事です。女性でも片手で楽々持ち上げられる程、その重量は軽く、ブランド、車種によって多少の違いはあるものの、殆どのロードバイクが走行可能状態での重量が7㎏~10㎏程度に仕上げられています。

フレーム自体も軽量に仕上げられていますが、付属するパーツ類も強度と軽さに拘って作られているので、コストもかかる為、価格的にもそれなりになってしまうと言う一面もあるんですね。

素材やカラーも各メーカーから豊富にラインナップされているので、豊富さゆえにロードバイク選びに、「悩んでしまう・・・」なんて事も少なくありません。

ドロップハンドル
次にロードバイクで特徴的なのはハンドルです。

ドロップハンドル

ロードバイクには、「ドロップハンドル」と呼ばれる物が装着されていますが、この独特の形状は平坦路、峠道、高速走行等、あらゆるシーンでの走行に対応する為にこのような形状に仕上げられています。

ドロップハンドルは、「ハンドル上部」「ブラケット部」「下部ドロップ部分」の三か所を利用して走行する事が出来ます。

疲れた時や峠道などのヒルクライム(登り)時は、ハンドル上部に手のひらを置く形で握り、背中、腰、首等への負担軽減を図りつつ、上半身を起こす事で呼吸を楽にする事が出来ます。

ブラケット部分を握る場合は、ヒルクライム時、平坦路等が主になりますが下り時など、ブレーキを多用する場面では一番使いやすいポディションになります。常にブレーキレバーに指を掛けた状態で走行出来るので、もっとも利用する場所です。

ドロップ部分は、高速走行時に前傾して風の抵抗を防ぎつつ走る時にもっとも使う場所です。通称「下ハン」と表現する事が多いです。

ドロップハンドルに抵抗感を抱く人も少なく無いと思いますが、先に書いたように、ドロップハンドルは見た目とは違い実用性重視で考えられた形状なので、ほんの少し慣れる時間は必要ですが慣れれればとても使い易いのです。

細身のタイヤ

次に特徴的なのが、使用するタイヤの幅(細さ)です。ロードバイク用のタイヤの幅は、2~2.8cm幅の物が主流で、細身のタイヤを使用する事で慣性モーメントと空気抵抗の減少を図り速さを追求してると言う訳です。

タイヤ

乗り心地の面で言うならば、細い物より太い物の方が乗り心地は向上します。

「たったの数ミリでそんなに変わるの?」
なんて思われる人も居るかもしれませんが、その数ミリの差が本当に顕著に乗り心地や走行性能に現れます。



耐パンク性はタイヤの太さにはあまり影響されません。強固なフレーム、硬めのサドル等も、ダイレクトに違いを感じる大きな要因の一つになるので、逆に言うなら、数ミリの違いを感じられる程のシビアな世界と言う事ですね。

終わりに

このページではロードバイクはどのような物なのか?、大きな特徴等について書きましたが、あまり難しく考えずに「乗って覚える」と言う部分も必要ですし、知識ばかりが先行しても仕方ありません。

そうは言っても、色々調べながら自分なりの計画を立ててワクワクする時間が実に楽しい物なんですけどね。

私もロードバイクに乗り始めた時は、周りにロードバイク乗りが居なかったので、右往左往した部分も多々ありましたが、実走は勿論、ショップやネットで情報収集しながら少しずつ知識を広げていき現在に至っています。

今このページをご覧になっている人は、ロードバイクに乗ってみたいと思っている人、乗り始めて間もない人などが多いと思いますが、目的に合った車体を選びをする事や、ロードバイクに安全に乗るための最低限のメンテナンスを覚えるなど、必要な事は沢山ありますが、急に全てを習得するのは無理ですから、焦らず少しずつ進んで行きましょう。

関連記事

スポンサードリンク

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ページの先頭へ戻る