ロードバイク(自転車)に関係する標識

考える

これだけは覚えておきたい道路標識

スポンサードリンク


車やオートバイの免許証を所有している人なら、道路標識についてはそれなりの知識と理解があると思います。ですが、免許を所有していない人は標識を見ても理解できない事の方が多いでしょう。それはとても危険です!

ロードバイクで走る人たちの殆どは、しっかりと標識を理解してそれに従った走り方をしているのですが、一部の人たちは道路標識無視の走りをしています。

こういう人たちの走り方は危険な事は勿論なんですが、同じロードバイク乗りとして本当に恥ずかしい気持ちになります。

それと同時に、「こういう人達のお蔭で、真面目に走ってる人まで同じようにみられる・・・」そんな風に思う訳です。

あなたはロードバイクに乗っている時、回りの標識に注意していますか?

道路標識は車とかバイクの為だけの物ではありません。万が一、事故でも起こしてしまい、「知らなかった・・・」では済まないので、知らない人は確認、知ってる人でも再確認してください。

道路交通法云々の前に、信号無視や一時停止無視などは重大な事故を招き入れる事になるので、最低でも下記記載の道路標識は覚えてくださいね。

最低限覚える必要がある標識
標識 標識名 標識の説明
一時停止
一時停止 この標識がある所では自転車も一時停止です。必ず停車しましょう。
徐行
徐行 すぐに停止できる速さに速度を落とさなければいけません。止まれる速度は自動車で時速10kmと言われています。
車両通行止め
車両通行止め 自転車に乗ったままでは通行不可。降りて自転車を押していけば通行可能。
車両進入禁止
車両進入禁止 一方通行の道の出口に多く見かける標識。自転車を押していれば通行可能
自転車通行止め
自転車通行止め 自転車の通行禁止の標識ですが、自転車を押して通ることはできます。
二輪の自動車通行止め
二輪の自動車・原付自転車通行止め パッと見、自転車通行止めと似てますが、これはオートバイの通行止めで自転車は通行可能です。
自転車以外の
自転車以外の軽車両通行止め 軽車両のうち自転車のみ通行可能。屋台、リヤカー、牛や馬などの動物は通行不可。
二輪の自動車以外の自動車通行止め
二輪の自動車以外の自動車通行止め 自転車やオートバイは通行可能。
通行止め
通行止め 歩行者、自転車、自動車、全て通行禁止。
自転車専用
自転車専用 自転車道や自転車専用道路を示します。自転車以外の車両と歩行者は通行不可。
自転車及び歩行者専用
自転車及び歩行者専用 自転車と歩行者以外は通行できません。(歩行者優先)
歩行者専用
歩行者専用 歩行者専用ですが、自転車を押しての通行は可能。
自動車専用
自動車専用 高速道路など自動車専用道路を示す標識。その他の車両は通行不可。
自転車を除く
一方通行 自転車以外の車両は一方通行
二輪軽車両
車両通行区分 車両通行区分を示す標識。いろいろなパターンがありますが、この場合は、軽車両と2輪のみ通行可能。もちろん自転車も通行可能です。
指定方向外進行禁止
指定方向外進行禁止 矢印の向いている方向以外への進行不可。自転車は降りて押していればOK。
横断歩道
横断歩道 横断歩道を示す標識。これ以外にも種類がある。

まとめ

自転車(ロードバイク)は、生活に密着していて気軽に楽しめる道具なだけに、どうしても道交法に対して軽視しがちだったりしますが、仮に道路交通法で規則が無かったとしても、無謀な走り方をする事は自ら危険を呼び込む事になると同時に、他人まで危険にさらす事になります。

自分の家族が暴走自転車に巻き込まれたらどう思いますか?

自分や家族を守る為、未来の自転車乗りの世界を狭めない為にも、交通法規を守った上でロードバイクライフを楽しみましょう。

関連記事

スポンサードリンク

2 Responses to “ロードバイク(自転車)に関係する標識”

  1. SK より:

    一方通行の説明欄に、”自転車以外の車両は矢印の方向へ進む事は禁止。” となっていますが、自転車以外の車両は矢印の方向以外へ進む事は禁止。 ではありませんか?

    • macchan より:

      SK様
      コメントありがとうございます。

      私も読み返しましたが、
      説明が言葉足らずで、不適切に思えました。

      ご指摘いただいた件ですが、書き方を変えて表現すると、
      「自転車以外の車両は一方通行」
      この様に書いた方が分かりやすいでしょうか?
      一応記事内の表現も変更します。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ページの先頭へ戻る